赤平の歯科・歯医者|噛める入れ歯と格安のセラミック治療

北海道赤平市茂尻本町3丁目2

JR茂尻駅 徒歩8分/【駐車場5台】

診療時間
9:30-13:00 × ×
14:30-19:00 × × ×

夜間や日曜・祝日に急な痛み等でお困りの場合はご連絡ください。
院長が在院している時は診察いたします。

ご予約・お問合せはこちらへ

0125-32-1181

当院の入れ歯治療

「先生、遠くから来たかいがあったよ」

「何でも好きなものを食べられるようになったよ!」

入れ歯が合わず、うまく噛めずにお困りだった患者さまに、こんな風におっしゃっていただけること。それが何よりも嬉しい瞬間です。当院では、入れ歯治療22年の熟練の技術で、おせんべいもバリバリ食べられる入れ歯をお作りできます。

おせんべいをバリバリ食べられる入れ歯です

入れ歯でもおせんべいを
バリバリ食べられるようになります

なぜ、入れ歯でうまく噛めないの?

入れ歯でうまく噛めない原因の多くは、「噛み合わせの位置」が合っていないこと。患者さまがしっかりと噛めるのは「天然の歯があった頃の噛み合わせの位置」。ところが、それを正確に把握し入れ歯で再現するには、高度な技術が必要なため、せっかく入れ歯を作っても「噛めない」「噛みづらい」といったことが起こりがちなのです。

保険治療でも自費治療でも、よく噛める入れ歯をお作りします

噛み合わせの位置を正確に把握するためには、時間をかけた検査が欠かせません。患者さまが噛むときのあごの動き、食べ物を飲み込むときの唇や頬の筋肉の動き、舌の動き、歯ぎしりのときの動きなど、日常生活で起こりうるお口の動きを正確に記録する必要があります。どんなときにどの位置で歯が噛み合い、筋肉がどう動くのかを記録して、噛み合わせを分析するのです。

当院では、噛み合わせの分析結果をもとに、患者さまの天然の歯があった頃と同じ噛み合わせを入れ歯で再現します。この技術は、保険治療でも自費治療でも変わりません。だから、保険治療でもよく噛める入れ歯を作ることができるのです。保険で作ったから噛めないということは決してありません。

リンゴも丸かじりしたい!入れ歯に見えない入れ歯にしたい!

当院の入れ歯は、保険治療のものでもおせんべいを食べられるくらいよく噛めます。しかし、保険治療で使われる入れ歯の素材(レジンと呼ばれるプラスチック)には限界があるため、リンゴの丸かじりができるかというと、難しいのが実情です。

また保険治療で使われるレジンは、水を吸ったり変色したりするため、見た目があまり良くないという欠点も。

リンゴを丸かじりできるくらいの噛み心地や、人に入れ歯と気づかれないくらい、天然の歯や歯ぐきにソックリな入れ歯が欲しいという方には、自費治療の入れ歯をご紹介することも可能です。ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

ピッタリ合って、ガタつきません

入れ歯と歯ぐきの間に隙間がない、ピッタリ合う入れ歯をお作りします

なぜ、入れ歯が合わないの?

入れ歯が合わないケースの多くは、入れ歯の内面(床といいます)と入れ歯を支える歯ぐきとの間に隙間があることが原因です。

入れ歯は吸盤と同じしくみで、歯ぐきに吸着するため、隙間があると吸盤がくっつかないのと同じように、入れ歯も歯ぐきにくっつかず、ガタガタしたり、外れたりするのです。

型取りへのこだわりで、ピッタリ合う入れ歯を作ります

入れ歯を作るためには、入れ歯を支える歯ぐきの型を取る必要があります。入れ歯と歯ぐきの間に隙間を作らないためには、この歯ぐきの型を精密に取ることが重要。歯ぐきの型を精密に取れれば、隙間なく歯ぐきにピッタリ合う入れ歯の製作ができるからです。

そこで当院では、歯ぐきの型取りに「フレームカットバックトレー」と呼ばれる特殊な道具や、型取り剤を自動作成する「APミキサー」という機械を使用しています。一般的な保険治療では、こうした特殊な機械は使われないケースが多いのですが、当院では保険・自費に関わりなく、これらの特殊な道具を使用しています。それは、一人でも多くの患者さまにピッタリ合う入れ歯を作って差し上げたいからです。

道具にもこだわり、精密な型取りを行うこと。これが、当院がピッタリ合う入れ歯をお作りできる理由なのです。

院長は、入れ歯治療の認定医資格を保有

入れ歯治療の認定医資格を持つ院長

院長は「精密義歯(BPS)クリニカル認定医」という入れ歯治療の認定医資格を保有しています。

精密義歯(BPS)とは?

精密義歯(BPS)は、健康保険が使えない自費治療になりますが、保険治療で作った入れ歯よりも、機能に優れ、見た目も良く、より快適なのが特徴です。

リンゴの丸かじりも可能!
見た目も自然で美しい入れ歯

精密義歯(BPS)なら、
自然で美しく、入れ歯と気づかれません

精密義歯(BPS)は、保険の入れ歯以上によく噛めるので、リンゴの丸かじりもできる患者さまもいらっしゃいます。

保険治療の入れ歯の素材は、レジンと呼ばれるプラスチック。このレジンはお口の中に長期間装着していると、少しずつ水を吸ったり、食べ物の色素がしみ込んだり、食べ物の熱で変形したりします。そのため、長く使っているとだんだんと入れ歯が変色したり、変形してお口に合わなくなることがあります。

一方、自費治療の精密義歯(BPS)は、保険治療のレジンよりも高性能なため、水を吸ったり、色素がしみ込んだりすることがほとんどありません。長く使用しても見た目はキレイなままですし、変形もしないため入れ歯が合わなくなることもありません。

また、もともとの素材が保険治療のものよりも美しいというのも大きなメリット。入れ歯のピンク色の部分は、まるで本物の歯ぐきのように見えますし、入れ歯の歯の部分も陶器でできているため天然の歯にソックリ。そのため、他人に入れ歯と気づかれにくいメリットもあるのです。

一般的な相場よりも、圧倒的に安価でお作りします

相場の半額程度でお作りします

  • おせんべいだけでなく、リンゴを丸かじりできるほどよく噛める
  • 長く使用しても、見た目はキレイなままで、合わなくなったりしない
  • 入れ歯と気づかれない自然な見た目

このように、精密義歯(BPS)は素晴らしいメリットがあるのですが、自費治療であるがゆえに保険治療の入れ歯よりは高額です。

そこで当院では、一人でも多くの患者さまに良質な入れ歯をご提供したいという思いから、約半額(上あご40万円~、下あご40万円~)というリーズナブルな費用で精密義歯(BPS)をお作りしています。

無理に勧めるようなことはありませんので、ご興味のある方はお気軽にお声がけください。

デンタルローンで、分割払いも可能です

当院では、アプラス社のデンタルローンが利用できますので、治療費の分割払いが可能です。金利5.8%で、最大84回まで支払いを分割可能。ローンの審査は最短5分です。ご興味のある方は、お気軽にご相談ください。

入れ歯治療の流れ

現在使用中の入れ歯の調整

使用中の入れ歯がある場合は、調整します。

お口の中の検査

お口の中を検査します。

説明

お口がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

治療

あごの形や頬の動きを確認し、入れ歯をつくるための「型取り」を行います。

歯科技工所での入れ歯作製

型取りしたデータをもとに、歯科技工所で入れ歯をつくります。

入れ歯の完成

完成した入れ歯をお渡しし、使い方やお手入れの方法をご案内します。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布も予約可能です

0125-32-1181

診療時間

 
午前 ×
午後 × ×

午前 9:30~13:00
午後 14:30~19:00

土曜午後・日曜・祝日は休診

アクセス

0125-32-1181

〒079-1263
北海道赤平市茂尻本町3丁目2

JR茂尻駅 徒歩8分

もじり歯科クリニックでは、一緒に働いてくださる仲間を募集中です!